日本ハンドボール協会について

協会について

正式名称
公益財団法人 日本ハンドボール協会
Japan Handball Association (略称 JHA)

 日本ハンドボール協会(JHA)は、1938年、日本送球協会としてハンドボールの普及を目的に設立されました。1952年には、国際ハンドボール連盟(IHF)に加盟し世界への第一歩を踏み出すと共に、1950年代後半からは、室内(7人制)への関心の高まりを受け、女子は1957年から、男子は1963年から7人制へ1本化し、普及に弾みをつけました。
 1961年、1962年には男女とも世界選手権に初参加、男子は、7大会連続を含め計10回の出場、女子は、5大会連続を含め計8回の出場を果たしました。また、オリンピックについては、男子が、1972年ミュンヘンでのハンドボール競技の採用から、1988年のソウルまで5大会連続で代表権を獲得(1980年のモスクワは不参加)、女子は、1976年モントリオール(女子の実施は初めて)に参加するなど、アジアのリーダーとしてその役割を果たしてきました。
さらに、1991年、1994年と広島でアジア選手権、アジア大会を開催、1997年には、熊本で男子世界選手権を開催するなど、世界ハンドボール界の発展に寄与すべく、努力を続けています。