委員会

アスリート委員会

アスリート委員会の役割・目的

我が国におけるハンドボールのアスリートの権利権益の保護が図られるよう適正な支援に質する活動の推進、およびアスリートの立場による意見を日本ハンドボール協会へ反映すること。
2022年度は、まずハンドボール界のトップである「日本代表」に着目し、日本代表を取り巻く環境の改善に努める。

期間:2022年4月1日〜2023年6月30日(2023年6月定時評議員会まで)

アスリート委員会

※敬称略

担当理事

勝田 祥子

委員長

豊田 賢治

委員

石立 真悠子(三重バイオレットアイリス/元女子日本代表選手)
永田 しおり(オムロン/元女子日本代表選手)
藤田 愛(元女子日本代表スタッフ)
芳村 優太(大同特殊鋼/男子ユースU19 監督)
丸山 紀子((公財)日本ハンドボール協会/元日本ハンドボールリーグ選手)
東江 雄斗(ジークスター東京/男子日本代表選手)

日本代表選手から意見や相談を受け付け、環境改善のために活動して参ります。